新進スタートアップOnePlusが“FLAGSHIP KILLER”な格安ハイスペックスマホ「One」を正式発表―搭載OSはなんとCyanogenMod

Androidじゃないよ

Androidじゃないよ

中国の新進スタートアップなファブレスメーカーから、何やら面白いモノが出るらしいという話。

“OnePlus One”は、中国の新進スタートアップであるOnePlusと、あのAndroidベースのカスタムROM開発で有名なCyanogenModによって共同開発されたスマートフォン。

なんと搭載OSは『CyanogenMod 11S』という、なんとも中国メーカーらしい異色なスマホ。

しかもただのイロモノ、というわけではないようで、プロセッサはSnapdragon 801、RAM 3GB、5.5inchでフルHDのIPSディスプレイをGorilla Glass 3でカバー……といった、他社のハイエンドモデルに引けをとらない仕様。

スライドショーには JavaScript が必要です。

出回っていた主要スペックを、プロセッサが同じ『Snapdragon 801』のSony Xperia Z2, Samsung Galaxy S5と比較してみる。

OnePlus One Sony Xperia Z2 Samsung Galaxy S5
OS CyanogenMod 11S Android 4.4.2 Android 4.4.2
サイズ(mm) 75.9 x 152.9 x 8.9 73.3 x 146.8 x 8.2 142 x 72.5 x 8.1
重量 162g 163g 145g
プロセッサ Snapdragon 801 2.5GHz Quad-core Snapdragon 801 2.3GHz Quad-core Snapdragon 801 2.5GHz Quad-core
メモリ ROM 16/32GB, RAM 3GB ROM 16GB, RAM 3GB ROM 16/32GB, RAM 2GB
外部ストレージ 無し microSD, 128GBまで microSD, 128GBまで
ディスプレイ 5.5inch、1080p (IPS LCD) 5.2inch, 1080p (IPS LCD) 5.1inch, 1080p (AMOLED)
カメラ リア:Sony Exmor IMX214 13MP, 2160p@?fps
フロント: 5MP
リア: 20.7MP, 2160p@30fps
フロント: 2.MP
リア: 16 MP, 2160p@30fps
フロント: 2MP
バッテリー容量 3100mAh 3200mAh 2800mAh
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band
ROM GSM, WCDMA, LTE GSM, WCDMA, LTE GSM, WCDMA, LTE

なんと大体互角という。

しかもOnePlus OneはSIMフリー機とのことで、OnePlus曰く、“FLAGSHIP KILLER”。
確かにそう銘打って出すだけのことはあるハイスペックぶり。

が、スペックがいくら高かろうと、値段もハイエンドでは無意味。

参考までに先ほど仕様の比較に上げた二機種の価格は以下の通り。

  • Sony Xperia Z2 16GB: 約80,000円(台湾価格)
  • Samsung Galaxy S5 16GB: 約78,000円(香港価格)

たけぇ。

さてOnePlus Oneの価格は如何に。

  • 16GBモデル: 約3万円(299ドル)
  • 64GBモデル: 約3万6000円(349ドル)

安すぎィ!

(一体何をコストカットしたらこんな価格まで抑えられるのか気になるが、)競合モデルの半額以下という衝撃価格。

ということで、ぶっちぎりでコストパフォーマンスも良い、しかも面白そうなスマホが出るようです。

個人的に惜しいなぁと思ったのは

  • 筐体のサイズがデカい
  • microSDスロットが無い

あたり。
まぁこの値段でコレ以上を要求するのも野暮だけど。

ちなみにOSの『CyanogenMod 11S』は、Android 4.4.2ベースとのこと。

Nexus 5よりも安い&高性能なOnePlus One、発売は今年の第二四半期頃予定。

とはいえ日本で発売されるかは……出たら良いなぁ……

via TechCrunch Japan