Androidが5.0 (Lollipop)からUSB Audio Classをサポートするようになった

遂にAndroid 5.0 (Lollipop)からUSB Audio Classをサポートしたらしい。

今まで何回か書いてきたAndroidのissue 24614がとうとうリリースのステータスに変わりました!
これでAndroidのUSBオーディオクラス対応 DACサポートへ一歩前進です。[…]
いままではAndroidでは一部の機種かUSB Audio Player Proなどを使うことでしかUSBDACに接続できませんでしたが、これでOS5.0であれば全ての機種でUSBクラスオーディオ対応(いわゆるドライバーレスのもの)のUSB DAC接続が可能になるはずです。

Androidのissue 24614(USB Audioサポート)がついにリリースに!: Music TO GO!

ということで、Google CodeのAndroid Open Source Projectに上がっていた「issue 24614」のステータスが遂にReleasedになったようだ。

これでAndroidでUSB DACが手軽に使えるようになったよ!ヤッター!

よく分からん人のために以下簡単な説明。

Lollipop以前のAndroidは(OSだけでは)USB DACが接続出来ない

Androidは4.0 (Ice Cream Sandwich)からUSB On-The-Go (OTG)でのUSB Hostモードに対応したものの、カーネルにオーディオドライバが入っていないため、USB DACを繋いでも認識出来ないという残念仕様だった。

これに対し、ユーザーが「USB Audio Classサポートしてくれ」とGoogleに要望したのが例のissue 24614で、今月6日にようやくステータスがReleasedになり、LollipopからUSB Audio Class 1.0 (UAC1)に対応した。

これAndroid 4.0.3がリリースされた頃に上げられたものなので3年くらい前のスレッドなんだよなぁ。
あれ、Ice Cream Sandwichからそんなに経ってたっけ……

LollipopのUSB Audio Classサポートで何が変わるのか

で結局、USB Audio Classのサポート開始で何が変わるのかという話。

残念ながら「これでLollipopが動く端末ならなんでもUSB DACが使えるようになった!」という訳ではない。

あくまで「純正カーネルにドライバが入った」ってだけなので、実際に音声出力が出来るかどうかがハードウェアに依存するのは変わらない(例えば消費電力がデカすぎるDACは使えないし、端末搭載のAudio Codecチップによっては動かない)。

恐らく、今既にOTGケーブルとUSB Audio Player Pro / Recorder Proを使ってUSB DACと接続可能な端末は、Lollipopをインストールすれば、それらアプリが無くてもUSB DACと接続出来るハズ(OTGケーブルは必要だけど)。

ちなみに、自分が使っているNexus 5は、LollipopにアップデートしたらUSB DACと接続できたらしい

しかし、今回対応したのはUSB Audio Class “1.0”なので、96 kHz / 24 bitといったハイレゾ音源の出力は出来ないと思われる。

どうやら再生自体は可能らしいものの、多分再生に使ったアプリ側で48 kHz / 16 bitとかに丸められてるんじゃないかと思う。

とりあえず、Nexus 5ならUSB DACへ接続出来るってことが分かったので満足。

早速試したい!
が、Lollipopは常用するにはまだ早そう。とりあえずMultiRomがLollipopにも対応したのでそっちで試してみようかな。

それと一番はOTGケーブル持ってないんだよなぁ……安いしこの機会に買うか。

それから、今回ちょろっとAndroidの(ついでにiOSも)USB Audio周りの現状だとかも調べてたら中々ややこしかったので、忘備録としてまとめようと思う。いつ書くかわからないけど。

スポンサーリンク

コメント

  1. design for audio class compliance; currently Android targets class 1, but it is wise to plan for class 2