Codemasters、DiRT 3のSteamworks移行を完了。ついでにComplete Editionもリリース

CodemastersがようやくPC版「DiRT 3」をSteamworksに対応させたとアナウンス。

Gamers for Windows Live (GfWL)の悪夢から遂に逃れたので、これでまともにプレイ出来る。
だいぶ待たされたな……

GfWLがサービス終了したあと、オンライン接続が出来なくなっただけならともかく、ローカルプロファイルの作成も出来なくなっていたため、セーブデータが保存出来ず起動する度にプレイヤーの名前を決める所から始めなくてはいけなかった。おかげで全く遊ぶ気にならなかったが、Steamworksに対応したので久しぶりに遊べる。

ついでにCodemasters、全DLC入りの「DiRT 3 Complete Edition」もリリースしたらしい。

既存のSteam版とリテール版購入者は無料アップデートとしてゲット出来るとか。詫び石ならぬ詫びDLC。

Steam版購入者は、既にライブラリへComplete Editionが追加されているはず。パッケで買った人はCDキーをSteamに登録すればComplete Editionが追加されるらしい。

なお「ライブラリに追加」とある通り、Complete Editionと以前のDiRT 3は別タイトル扱いで、セーブデータは互換性無いらしい。まぁ自分はセーブデータ作れなかったから関係ないが……

スポンサーリンク