新型PlayStation 4は1TB HDD搭載で軽量化される模様

FCC (Federal Communications Commission、米連邦通信委員会)のページに新型PlayStation 4らしき製品の資料が掲載されている。

1TB HDD搭載でBDドライブ無し?

新型PS4らしき「CUH-1215A」と「CUH-1215B」、テストキットの「DUH-T1200AA」の文字があり、既にFCCの認証を通過済み。(ちなみに日本の現行PS4の型番は「CUH-1100A」で、アメリカの現行モデルは「CUH-1115A」)

資料によれば、CUH-1215AとDUH-T1200AAは500GB HDD、CUH-1215Bに1TB HDDを搭載。CUH-1215Bは、現行モデルに無い1TB HDDモデルということになる。

重さとHDD容量

重さとHDD容量

さらに本体サイズは変わっていないものの、重量が300g減って、消費電力も250Wから230Wに減少。必要アンペアの範囲も2.3 – 0.95Aと全体的に減少。

消費電力と必要アンペア

消費電力と必要アンペア

SNSとか見てみると、重量の減り方と消費電力の下がり方から「BDドライブ外したんじゃねぇのか」と書いてる人らが何人かいたが、確かにその可能性はありそう。個人的には載っているAMD製APUのプロセスが微細化させるなりして消費電力減らしました、とかに期待したいけど、必要なコストを考えると可能性は薄い……

「やりたいPS4専売のゲームが数本出てきたし買ってもいいかなー」と思っていた矢先にこの情報なので、暫くPS4購入は待つことにした。今年中にアナウンス欲しいな……大穴で来週のE3 2015で発表あるかもしれないけど。

via FCC

スポンサーリンク