レビュー: 金属製ドライバー搭載の完全開放型ヘッドホン「Focal Elex」

4.5
この記事は約12分で読めます。

グループ購入サービスのDropで、フランスのオーディオメーカーFocalとDropの共同開発ヘッドホン「Focal Elex」を買いました。2018年7月購入で8月に届いてから使っているので、9ヶ月ほど経ってますが。

購入金額は送料含め684.99 USDで、当時のドル円換算で送料込み75,828円。これに税関通過時の消費税を加えて81,894円。今見たら700 USDだったのでちょっとだけ値上がりしたっぽい。

残念ながらElexは日本への発送が対象外なので転送業者に50ドル(5,550円)支払い、総額は87,444円でした。改めて考えると高い買い物だな……

いつの間にかMassdropがDropに改名していて驚き。

Focal Elexとは

Focal Elexは、Focalの「Elear」というヘッドホンをベースに、独自のカスタマイズが施された開放型ヘッドホン。

Focalヘッドホンの高級ラインには、開放型のElear以外に、その上位モデル「Clear」、最上位モデル「Utopia」もある(密閉型の「Elegia」と「Stella」もある)。

Elexは、Elearをベースに上位モデルのClearのような鳴りを狙ったというヘッドホンで、Drop曰く“Super (Sennheiserの)HD 650”を目指して開発したとか。

Elearの国内実売価格は11万円前後、Clearは16万円前後なので、それらに比べればElexは安いんじゃないでしょうか(十分高いですけど)。

ちなみにClearには制作環境向けのモデル「Clear Professional」もありますが、Clearとの違いは本体とイヤパッドの色が違うだけでドライバーなんかも同じらしく、スペックも構造も変わってないので実質カラバリモデルらしい。赤色のパッドはオシャレなので単体で売って欲しい。

特徴

特徴としては、ヘッドホンの中でも珍しい「完全開放型」というのが挙げられる。イヤーカップはメッシュの組み合わせで、メッシュ越しにドライバーが見えるほどスカスカ。このスカスカのお陰で、ベントホールが原因で発生する歪みを完全に排除できるほか、ドライバーに圧力がかからないのでダイナミクスに余裕が生まれて爆音でも鳴らせる。

また変わっている点としては、ドライバーのダイヤフラムにアルミニウムとマグネシウムの合金が使われているほか、形状が一般的なドーム型ではなく、アルファベットの「M」型というのもある。

通常、ヘッドホンのドライバのダイヤフラムにポリエステルやセルロースのような樹脂とか繊維素材を固めたものを使うのが主流で、金属製というのは珍しい。

樹脂は薄く軽くできるので応答性に優れるものの、強度に欠けるので超高音域の再生能力に限界があるとかで、金属の場合は強度が高いので再生時のダイヤフラムの歪みが小さく、音の歪みも小さくなるらしい。逆に金属製のデメリットもあるらしいけど面倒なので割愛。

最上位モデルのUtopiaでは、ダイヤフラムに希少金属のベリリウムが使われている。ベリリウムはアルミマグネシウム合金よりもさらに剛性が高くて内部損失も大きいため、より歪みが小さいんだそう。ただしベリリウムは人体への毒性が高く加工が大変(粉末を吸ったら死ぬ)な上、希少金属のため価格が高いので、Utopiaは値段が40万円超とブッ飛んでます。

ElexはFocalのヘッドホンとしては安いものの、他のFocalヘッドホンと同じくフランスでハンドメイドされていて、品質管理も厳密にやってるので、個体ごとの公差は±0.5 dB未満だそう。

ドライバーの直径は40mmで、下の画像の通りAKGやSennheiserの同サイズドライバーのヘッドホンはダイヤフラムが樹脂製で、Elexは金属製。

説明によれば、ドライバーのエクスカーション(ドライバーが最大入力時にどれだけ動くのか=振れ幅)が一般的なダイナミックドライバーの10倍大きいので、「5 Hzの超低音域までロールオフせずに伸びる」らしい。

Elearとの違いは、マイクロファイバーイヤパッドが穴開き仕様、本体色がオールつや消しブラック、ケーブルを布巻きにして6.35mm標準ステレオフォーンプラグと4ピンXLRのバランスケーブルの2本が付属する、など。

音のチューニングについては、ニュートラル以上(中高音域)を+3 dB、低音域を-5~10 dBして、音のバランスを調整。Elearはイヤパッドが穴開き仕様ではなく、音の傾向も若干低音強めという話なので、穴を開けて低音を逃すことで抑えているらしい。穴開きイヤパッドなのはClearとUtopiaでも同じで、Elexのパッドと同じものかもしれない(色は違うけど)。

仕様

下記は製品の仕様。

仕様 Focal Elex
ドライバー 開放型40 mmアルミニウムマグネシウム合金「M」型ダイナミックドライバー
インピーダンス 80Ω
感度 104 dB SPL / 1 mW at 1 kHz
全高調波歪(THD) < 0.3% at 1 kHz / 100 dB SPL
周波数応答(Frequency Response) 5 Hz – 23 kHz
重量 450g
付属品 ステレオフォーン (6.35mm) アンバランス布巻きケーブル1.8 m / 4ピンXLR (バランス)布巻きケーブル1.8 m

インピーダンスは80Ωで能率も悪くないので、高出力なヘッドホンアンプでなくても音量は取れる。スマホ直挿でもデカすぎるレベルまで音量が上げられます。

ハウジングもアルミ製なので重量は450gとかなりヘビー。AKGとDropコラボの「K7XX」が235gなのと比較すると如何に重いか分かる。

測定結果

Head-Fiにダミーヘッドマイクとお高い測定器(Audio Precision APx555)を使った測定結果が載っているのでそちらから引用。

下記のグラフはElearとUtopiaとの比較。上が周波数応答、下が全高調波歪 (THD)で、それぞれ実線がElex、破線がElear、点線がUtopia。

20~20 kHzの周波数応答は(5.75 kHzという中途半端な周波数で揃えていて分かり辛いが)、Elearと比べると中低音が抑えめで、高音域は大きめ。特にElexは9 kHzと11 kHzくらいに大きなピークがあり、この辺の音域は所謂“音の抜け”感に影響するので、Elexではそのあたりを改善するためにElearから盛られているっぽい。

Utopiaと比べると、高音域の傾向は似ていて、逆に中低音は控えめ。Utopiaだと2 kHz付近の差が大きいので、Elexの方がボーカルが前に出てくるっぽい(Utopiaは聴いたことはないけど)。

ElexのTHDは70~300 HzでElearより悪いものの、他はどっこいかより低い。Utopiaは全体的にElexより低めか同じくらい。

Clearとの比較では周波数応答の結果はほとんど同じ。50 Hzあたりからロールオフが起きてるくらい。ローエンドの差が結構あるけど他と違って10~20 kHzの測定結果なので、30 Hzまでほぼ同じなら音楽を聴く分には差は小さいかな?THDは大体一緒。

Sennheiser HD650との比較では、HD650が100 Hz以下からロールオフしているのに対してElexはほぼそのまま20 Hzまで伸びている。高音域は、HD650の9.2 kHzとか15 kHzあたりの強烈な谷との差が目立つ印象。HD650は耳に刺さって聴こえる歯擦音だとかの帯域を控えめになるよう調整されているらしく、聴き疲れしない音作りと評判なので、測定結果で見るとElexの音の傾向はHD650の上位機を目指したという謳い文句の割にHD650とはかなり異なる。

HD650は低音が太いという評価が多いですが、周波数応答を見る限り低音ヘッドホンというよりは中低音寄りのカマボコっぽい。高音域が控えめなのと倍音が鳴ってるから低音が強く感じるんでしょうか?

自分はHD600聴いたことないのでどのくらい似ているのか分かりませんが、Head-Fiの同スレッドのproject86氏のレビューによれば、HD650というよりはHD600の上位互換とのこと。

使用感

ここからは実際の使用感について。再生環境はWindows PC > MOTUのオーディオインターフェイス「UltraLite mk4」 > ヘッドホンアンプ「Massdrop x THX AAA 789」 > Elex。

良い点

  • 優秀な低音再生
  • 高音と低音の分離が素晴らしい
  • 上から下までの全体のトーン調整のバランスが良い
  • 音量を絞っても音のバランスが崩れにくい
  • 重さを軽減する優れた装着感
  • 開放型で長時間使っても圧迫感や聴き疲れが少ない
  • インピーダンスが低いのでスマホでも使える(※)

高音はスッと上まで抜けていく感じ。手持ちの樹脂ダイヤフラムのダイナミックドライバーヘッドホンと聴き比べると高域の再生で無理してる感がないように感じるので、金属製ドライバーの売り文句に納得。ただし、明るめではあるもののキラキラした音ではないので、意外と地味め。ハイハットやボーカルの歯擦音が突き刺さってこないので、個人的には良い塩梅。

高音再生:

中音域は気持ち控えめか。逆にもっと強いとボーカルがうるさすぎるのでちょうど良いかな……気になったのはスネアの鳴りで、恐らく分離感を強めるために作られたであろう周波数の“谷”部分がスネアの帯域に被っていて、たまに音の芯が抜けているような鳴りに感じることがある。

中音域再生:

低音に関しては、他のFocalヘッドホンと同じく超低音まで聴こえる。30 Hzのサブベースが分かるので相当優秀だと思う。その癖ボワついた音ではなくかなり締まった低音なので、量感はそれほど無い。でも音の立ち上がりが鋭くてアタックが強いので低音が埋もれる感じはしない。

モコモコした音ではなく、アタックがガツッと来る鳴り方なのでこのあたりは好みが分かれるかも。Genelecのモニタースピーカーの鳴り方が近い?かもしれない。

低音再生:

全体のバランスは、聴覚上のフラットから10 kHz付近の高音を少し持ち上げて音の抜けを良く聴こえさせつつ、低音は超低音まで必要十分に鳴っているという感じ。低音が中高音域へ被ってきて篭って聴こえることはなく、上も下も同時に鳴る。カマボコかドンシャリで言えば、僅かにドンシャリ寄り?

人の聴覚は音量によって感度が変わるので同じバランスのままというわけではないですが、少音量でも比較的全体のバランスが崩れづらいのも良い点かと。ながら聴きで絞って聴いてもいい具合。

ただしハッキリした音の割にあまり聴き疲れしないので、ついつい音量を上げがち。やりすぎると難聴が進むので気をつけましょう。

全体のバランス:

分解能は、ドライバーの応答性が優秀なお陰かアタックが分かりやすく、団子ではなく楽器ごとにしっかり別に聴こえるので解像度は高め。モニター用のヘッドホンみたい。録音とかマスタリングの出来もわかりやすく、オーケストラのようにダイナミクスの緩急が激しい曲もスッと追従してくる一方で、コンプで潰しすぎている曲を聴くといかにも詰まった感じの鳴り方をするので、なんでも気持ちよくは聴けないかも。

分解能評価:

音の定位も良し。リバーブの深さや反響音が消える瞬間が聴こえるので、この辺もモニターヘッドホンっぽいか。全体的に濃いキャラ付けは無いように思う。とはいえガチのモニターヘッドホンのように聴いてて地味な感じでもない。

定位の良さ:

音場は開放型だけあって密閉型のソレよりも広い。イヤーパッドが2 cmほどの厚みがある形状記憶フォームで、ドライバーも耳孔に対して斜め前に配置されているため、ドライバー自体が耳から遠いこともあり圧迫感はない。とはいえ、Sennheiser HD800のような部屋の端から鳴ってるように感じるほどの広大さも感じないので、開放型としては普通の広さ?かも。

音場の広さ:

悪い点

  • (装着感が良いとはいえ)重い
  • 値段が高い
  • 盛大に音漏れする
  • インピーダンスが低いのでパワーのあるアンプに繋ぐと音量調整がシビア

Elexは450gもあるのでヘッドホンの中でもかなり重い方ですが、頭頂部とイヤーカップとで上手いこと重さを分散するように出来ているので、数字ほどは重く感じない。側圧が強すぎるということもなく、装着感はかなり良い方。

が、450gもあるとやっぱり長時間装着していれば疲れる。開放型なんだし、もう少し軽量化してもよかったのでは……ちなみに、最初は妙に収まりが悪いと思ってたら、ヘッドバンドを頭頂部じゃなくて少しおでこ寄りになるように装着するとしっくりきました。

快適さ:

音漏れについては、完全開放型なのでめちゃめちゃ漏れる。盛大に漏れる。当然ながら遮音性も皆無。明らかに静かな部屋で一人で使う仕様なので、外で使うのは確実に他人の迷惑になるしやめましょう。

あとインピーダンスが低いので、アンプを選ばずに使えるのは良いんですが、逆に感度が良すぎてハイパワーなアンプに繋ぐと音量調整がシビアで、AAA 789にバランス接続すると、夜中とか音量を絞ろうとしたときギャングエラー寸前まで下げないと音がデカすぎて眠気が飛んでいく。

開放型なので持ち歩いて移動中に使うことも無いし、ハイパワーなヘッドホンアンプ持ってるオーディオマニアにターゲットを絞ってインピーダンスをもっと高くしても良かったと思う。

音漏れの少なさ:
遮音性の高さ:

総評

総評としては、音についてはほとんど不満がないので買って後悔はない。後はもうちょい安くて軽ければ最高なんですが。とりあえずElexでヘッドホンスパイラルは一旦終わり、と思ったけど今度は平面駆動のヘッドホンが気になってくるな……

項目 評価
高音の質 4.5
中音の質 4
低音の質 5
全体のバランス 4.5
分解能の高さ 4.5
定位の良さ 4.5
音場の広さ 4
遮音性の高さ 1
音漏れの少なさ 0.5
快適さ 3.5
満足度 4.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました