【噂】AMD「Vega/Navi」搭載次世代GPUの仕様とロードマップがリーク

VideoCardz.comが、「Vega」アーキテクチャ搭載のAMDの次世代ハイエンドGPUに関する情報を公開。ソースの“a very good source”が気になる。

Featured, Radeon Pro, Radeon Pro S9 Nano Today, we are sharing more details about VEGA and NAVI architectures. It should hopefully help you understand what is c...

こっちも同じくVideoCardz.comが公開した、AMDのプレゼンテーションデータ(スライド?)からゲットしたとするロードマップと、Vega搭載ハイエンドカードの情報。

Featured, Radeon 500, Radeon RX 490 Finally we have something very interesting to share. The details you are about to read are coming from a very good source. T...

それによると、「Vega 10」コア搭載カードは2017年上半期にリリース予定で、コンピュートユニット(CU)数は64基、16-bit演算性能は24TFLOPsとのこと。アーキテクチャは、14nmプロセスで製造される「GFX9」。メモリは16GBのHBM2で、帯域幅が512 GB/s。TBPは225W前後。さらに「デュアルVega 10」も2017年第2四半期にリリース予定で、こちらのTBPは300W前後とのこと。

今回が初めて名前が出てきた「Vega 20」コアは、7nmプロセスで製造される「GFX9」アーキテクチャを採用し、CU数が64基、32GB HBM2メモリ搭載で帯域幅が1 TB/s、TBPが150W前後。PCI-Express 4.0をサポートするとか。プロセスノードが違うのに、アーキテクチャの名前が同じGFX9なのはどういうことなのか……

「Polaris 10」の後継となる「Vega 11」も、来年にリリースされる予定らしい。仕様は不明なものの、Vega 10と同じ14nmプロセスで製造されそう。Polaris 10はコンシューマ向けの「Radeon RX 480」にも使われてますが、ここでの話は「Radeon Pro」シリーズとしてリリースされるGPUの話なので、RX 490がそうなるって話ではない。

とはいえ、「Polaris 10ベースの(コンシューマ向け)Radeonが来年にリリースされない訳では無い」とか書いてるので、コンシューマがスルーされる訳じゃないんでしょう、多分。記事書いてるWhyCry氏も、入手した情報がサーバー向け製品の情報だけで何も分からない様子。

気になるVegaとNVIDIA「Pascal」との比較では、Vega 10がHBM2メモリ8 GBチップを2つスタック(積層)した16 GB構成なのに対し、GP100コア採用のTesla P100では4 GBチップを3スタックした12 GB構成(NVLink版は4スタックした16 GB構成)。帯域幅としては、容量が少ないTesla P100の方がスタック数が多いぶん広い。

WhyCry氏は、この2スタック16 GB構成HBM2がRadeon RXシリーズでも採用されるか分からんと書いてますが、コンシューマ向けに8 GBモジュールを使うとは思えないので、Radeonは最上位でも4 GBモジュール2スタックの計8 GBになるんじゃないかと。

つか8GBモジュール使うのと、4GB 3スタックでスタック数増やして歩留まり低下するのと、どちらがコストが高いのか分からんなぁ。

ちなみにデュアルVega 10では4スタックで帯域幅1 TB/sになるそうな。ちょーはやい。

気になるのは、Vega 10の倍精度浮動小数点演算性能が、750 GFLOPsと単精度の1/16しかない点。これについては、Vega 20で単精度の半分まで向上していること、Vega 10リリース時点で倍精度演算が速いHawaiiがまだディスコンになっていないこと(下のロードマップ参照)が理由っぽいとしてます。

なおVegaの後継となる「Navi 10/11」コアは2019年リリースにズレ込むらしい。

ついでにAMDは、コンシューマ向けでは生産が終わっている「Fiji」をサーバー向けに投入するようで、「Radeon Pro S9 Nano」なるカードをリリース予定らしい。仕様は不明なものの、多分Radeon R9 Nanoから変わらんかと。

またAMDは、NVLinkに対抗した、GPU同士でP2P通信可能なインターコネクト「xGMI」を開発中で、2018年に「Zen」アーキテクチャベースの「Naples(ナポリ)」コア1とVega 20で利用可能になるとのこと。

表はこんな感じ(※は浮動小数点演算性能)。

GPU Vega 11 Vega 10 デュアルVega 10 Vega 20 TESLA P100(GP100)
発売時期 2017年 2017年上期 2017年下期 2018年下期 もうすぐ出荷
アーキテクチャ 14nm GFX9 14 nm GFX9 14nm GFX9 7nm GFX9 16nm Pascal
CUs/SMs ? 64 64×2 64 56
メモリ ? 16GB 2スタック HBM2 4スタック HBM2 (32 GB?) 16/32 GB 4スタック HBM2 12/16 GB 3/4スタック HBM2
帯域幅 ? 512 GB/s 1 TB/s 1 TB/s 540/720 GB/s
TBP/TDP ? 225W 300W 150-300W 250W
インターフェイス PCIe 3.0 PCIe 3.0 PCIe 3.0 PCIe 4.0/xGMI PCIe 3.0/NVLink
倍精度※ ? 750 GFLOPs ? 単精度の1/2 4.7 TFLOPs
単精度※ ? 12 TFLOPs ? ? 9.3 TFLOPs
半精度※ ? 24 TFLOPs ? ? 18.7 TFLOPs

サーバー向けGPUのロードマップは以下の通り。

用途/年 2016 2017 2018 2019
HPC Hawaii Vega 20
深層学習 Fiji Polaris 10 Vega 10/Vega 10×2 Navi 10/Navi 10×2
推論 Radeon Pro S9 Nano Polaris 10/11 Vega 11 Navi 11

Naviコアのリリースが2019年になっているのは、Vega 20コアをリリースする影響っぽい。コアの製造を請け負っているGLOBALFOUNDRIESが、AMDへ7nm FinFETの提供を行うと発表した際に、7nm FinFETプロセスの初回製造は2018年初頭予定としているので、Vega 20が早くても2018年Q1まで出ないことから、後継のNaviはその翌年になるっつー話。

今回のリークは信憑性に難アリ?

今回のリーク情報はVega 10がTDP 225Wなのに、Vega 10×2が300Wしか喰わない2とか、HBM2の8GBモジュールをそんなに確保できるのかとか、幾つか疑問点があるので、ちょっと信憑性に欠けるかな……そもそもサーバー向けのハイエンドカードなんて手が出ないから、間違ってても関係ないと言えば関係ないんだけど。


  1. サーバー向けコア。噂では32コア/64スレッドになるとか 
  2. 消費電力抑えるためにクロックやら落としているならデュアルで積む意味もあまり無いし、熱設計的に抑えているなら、最初から1枚にしようとするなよと…… 

コメント

  1. より:

    GPUは今はNVIDIA一強という感じですがAMDに市場拡大の余地はあると思いますか?

    • 管理人 より:

      CES 2017でのVegaの発表を見る限り、かなり意欲的な設計を採用しているようなので、それが吉と出ればゲーミング市場でのシェアは回復できるかもしれないですね。