AMD、ゲームを遊ぶと貯まるポイントで周辺機器やゲームをゲット出来る報償プログラム、“AMD Rewards Program”を発表

この記事は約4分で読めます。
AMD Rewards Program

AMD Rewards Program

AMDが、Radeon及びAMD製APU専用のゲームプレイ環境支援ツール“Gaming Evolved powered by Raptr”のユーザー向け報償プログラムとして、“AMD Rewards Program”を開始したとのこと。

下はAMDによる“AMD Rewards Program”の紹介。

Gaming Evolved powered by Raptrって何

まずGaming Evolvedというアプリについて。

一言で言うと、AMD版“GeForce Experience (NVIDIA)”。

具体的には、RadeonやAPUを使うユーザー向けのアプリで、自分で調整しなくても、自分の環境に最適なグラフィックス設定をゲーム毎に適用させたり、Twitchにプレイ動画を配信する機能などを持っているとのこと。

自分はスッカリ見逃してましたが、去年の9月にはもうリリース(β版だけど)されてたみたい。

Raptr

そもそも、Gaming Evolvedの共同開発元であるRaptrという会社が、社名と同じ“Raptr”というアプリを出していて、Gaming Evolved自体は、そのRaptrに機能をプラスした形のアプリらしい。

そのRaptr、英語圏ではかなりの人気があるらしく、ユーザー数1800万以上だそうで、一言でまとれば,これはゲーマー向けの無償SNSツール(by 4gamer.net)。

SteamとPlayStation 3、Xbox 360の三大ゲームプラットフォームを横断的にサポート、TwitterやFacebook等の各種SNSやインスタントメッセージングサービス経由で各プラットフォームのユーザーを結びつけたり、プレイ状況(実績やトロフィーの獲得状況など)をまとめて閲覧出来たりするとのこと。

このRaptr、特にPCでゲームをする場合に便利そうなのが、「フルスクリーンモードでゲームをプレイしていても、プレイをあまり邪魔しない形で各種機能をオーバーレイ表示して使える」というもの。

Twitterを流し見する時にも「Alt + Tabキーでタスク切り替え」の必要が無くなるので良さそう。

当然ながら、RaptrをベースにしたGaming EvolvedでもRaptrの機能は使えます。

“AMD Rewards Program”の内容

で、今回の“AMD Rewards Program”とやらは、Rewardsと入っている通り、「ポイントを貯めてゲームや周辺機器をゲットしよう!」というものらしい。

ポイントの交換対象は中々豪勢で、体験版等ではないフルバージョンのゲームや、

Sapphire Technologyの「Radeon R9シリーズ」グラフィックスカード、多数の無料ゲーム、Astroのゲーム用ヘッドセット、GameFlyのゲームレンタル料、GUNNARのゲーム用アイウェア、割引など

via: 4Gamer.net

と交換可能とのこと。
何ポイントだか分かりませんが、グラボ(しかもフラッグシップモデル)が貰えるのは凄い。

肝心のポイントの獲得方法は

  • Gaming Evolvedを使ったゲームの最適化
  • 最適化設定の公開
  • ゲーマーコミュニティへの参加
  • Raptrを起動してのゲームプレイ

なんかをするとゲット出来る模様。

ポイントの獲得だけでなく、交換もGaming Evolved上で、“Rewards Store”という専用ストアから行うとのこと。

GeForce持ってないので試せませんが、AMD Radeonユーザーでなくても利用できる(by GAME Watch)らしいのでエヌヴィディアーな方も参加出来るっぽい?

なお、報償プログラム自体は、前述のGaming Evolvedの共同開発元であるRaptrがやっている報償プログラムをGaming Evolved向けに発展させたものとか。

ちなみに、Gaming Evolved及びRaptrの利用は無料(ただしRaptrへのユーザー登録が必要)。

明日インストールしてみようかな。

タダだし。

<

p class=”via”>via: 4Gamer.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました