コスパなら最強?のTHX AAA搭載ヘッドホンアンプ「S.M.S.L SP200」

この記事は約7分で読めます。

10月にTHX AAAテクノロジーを搭載したヘッドホンアンプ「Drop + THX AAA 789」のレビューを書きましたが、その後中国SMSL (Shenzhen ShuangMuSanLin Electronic Co., Ltd.)から、同じくTHX AAA採用のデスクトップヘッドホンアンプ「SP200」が発売されてました。

THX AAAは低雑音アンプを実現する米THX社の特許技術で、用途別にいくつかのリファレンス回路設計がある内、SP200は最上位の「AAA-888」(モノアンプ回路x2構成)を採用しているとのこと。THX AAAの細かい話については「Drop + THX AAA 789」のレビューで書いたのでそちらをどうぞ。

手持ちのDrop + THX AAA 789は本当に低ノイズなので、THX AAA-888ベースという時点でSP200も(少なくとも)ノイズの少なさに関しては約束されていると言って良いでしょう。

価格はAmazon.co.jpのマーケットプレイス価格(メーカー公式)で31,500円と、流石中華メーカーだけあってTHX AAA採用のデスクトップHPAとしては2019年末時点で最安。こちらもDrop + THX AAA 789と同じく単機能HPAなので、DACは別途必要です。

およそ15cm四方とフットプリントがコンパクトで、その割に入出力共にバランスとアンバランス両方を揃えているので、かつ安いとなればかなり魅力的。何故か平行四辺形デザインな理由は謎(SMSLの他の製品は直方体なのに何故……)。

仕様

入出力

公称仕様はこんな感じ。

製品 SMSL SP200
出力端子 6.35 mm金メッキTRS標準フォーン
3.5 mm TRS金メッキステレオミニ
入力端子 3ピンXLRキャノン(バランス)x2
RCA(アンバランス)x2
ゲイン Low: +6dB
High: +18dB
出力インピーダンス 約0Ω
出力(片チャンネルあたり) 6,000 mW @ 16Ω
3,000 mW @ 32Ω
440 mW @ 300Ω
220 mW @ 600Ω
周波数応答 0.1 Hz – 500 kHz (-3dB)
出力ノイズ 2.8 μV(A特性)
信号対ノイズ比(SNR) 130 dB(A特性)
全高調波歪(THD) -125 dB (0.00006%) @ 1 kHz, 32Ω
全高調波歪+ノイズ(THD+N) -122 dB (0.00007%) @ 1 kHz, 32Ω
-117dB @ 20 – 20 kHz, 32Ω, -3dB
サイズ 160 x 149 x 73 mm
重量 772 g

電源内蔵なので邪魔になるACアダプターがないのも地味なポイントですが評価したい。

PCB

THX AAA回路のクローズアップ。右に「OPA1612」刻印のチップが見える。

Drop + THX AAA 789のレビューで触れましたが、本来のTHXAAA-888のリファレンスデザインは入力オペアンプが「OPA1612」なのではという話が出ていましたが、SP200のPCB写真のオペアンプの刻印を見ると「1612A」とあるので話に真実味が出てきた。

測定値

さてお馴染みAudio Science Reviewの測定では、Drop + THX AAA 789と比べると若干劣るものの、流石の低ノイズを記録。

ただし最高SNRは同等ですが、出力を絞って合わせた50 mV条件では7 dBの差を付けられているので、絞って使う場合はDrop + THX AAA 789に軍配が上がるか。

ASR実測値 SP200(SMSLサンプル品)
THD+N 0.000142% @ 1 kHz, 5.695 V, 600Ω
SINAD 116.948 dB
SNR 123.285 dB
82.894 dB @ 50 mV, 600Ω
出力(Gain Low / High) 200 mW / 326 mW @ 300Ω
1.8 W / 2.9 W @ 33Ω
出力インピーダンス 1.3Ω
ステレオバランス差 -70 dBまでほぼなし

サンプル品のチャンネルインバランス測定グラフ 出典: ASR

上記の結果はサンプル提供品での測定だったので、「SMSLが“ゴールデンサンプル”を送って来た可能性があるんじゃないか」と、amirm氏にわざわざ製品発売後に1台買って送ったフォーラムユーザーが居たようで、そちらの製品版での測定結果がこちら。

ASR実測値 SP200(ユーザー提供品)
THD+N 0.00015% @ 1 kHz, 5.603 V, 600Ω
-115 dB @ 300Ω
SINAD 115.908 dB
SNR 121.232 dB
ステレオバランス差 -30 dB以降で音量差が顕著に

ユーザー提供品のチャンネルインバランス測定グラフ 出典: ]ASR

結果としてはTHD+NとSINAD、SNRは最大でも-2 dB前後の差でおよそ測定誤差と言える範疇ですが、チャンネルバランス差は大きく差が出ています。サンプル数が2つしかないので断言は出来ません(ユーザー提供品が大ハズレだった可能性とか)が、ボリュームノブの品質のバラつきが大きいのかもしれない。

そもそもの仕様としてSP200は最大出力がかなり大きく、スタジオ向けだったりドライブするのにパワーが必要な(能率の悪い)ものを繋ぐ場合は問題にならないと思いますが、インピーダンスが低く高効率なヘッドホンやイヤホンを使う場合は相応にボリュームを絞ることになるため、その時にステレオバランスがズレやすくなるのはあまりよろしくない。

高能率なイヤホンだとかを繋ぐときはDACからのラインレベルを下げてしまう(Windowsならミキサーの音量を100から下げる)とか工夫が求められそうなので、その辺りを考慮した上で買うべきかも。

若干作りが甘い気もするがコスパで考えればアリ

色々書きましたが、THX AAAの出音のクリアさはお墨付きで、出力もパワフルで力不足でドライブできないヘッドホンも無いので、低能率ヘッドホンと組み合わせて使うなら特に欠点もなくコスパ最強のHPAと言えそう。

外観(メーカーロゴや製品名と他のフォントが違って微妙に統一感がなかったり、筐体が平行四辺形の謎形状だったりする辺りとか)が若干ダサい気がしないでもないですが、その分安いと思えば全て許せる。

単機能HPAなので、DAC付属のヘッドホン出力に満足できなくなった人とかに丁度良さげです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました