【噂】次世代GeForce“Lovelace”はCUDAコア1.8万超え―GA102の1.7倍に

GPU
Image by NVIDIA
この記事は約3分で読めます。

Ampereアーキテクチャに続く、NVIDIAの次世代アーキテクチャについての情報。

以前の噂では、Ampereの後継として投入されるのは“Hopper”アーキテクチャという話でしたが、新たに“Lovelace”アーキテクチャの名前が浮上してきました。

HopperとLovelaceというコードネームは、計算機科学者でありCOBOLの開発者として知られるGrace Murray Hopper、数学者のAda Lovelaceからそれぞれ取られている。

スポンサーリンク

AD102はGA102を超える怪物モノリシックチップに

リーカー (Kopite7kimi)によれば、Lovelaceアーキテクチャの最大コア(AD102と仮称)では、GPC (Graphics Processing Clusters)が最大で12基の構成になるとのこと。Turing世代のTU102ではGPCが6基だったので、2倍に相当する。

リーク情報ではAD102のGPCあたりのTPC (Texture Processor Clusters)は6基で、AmpereのGA102と同数。つまりAD102ではTPCが72 (12*6)、SM (Streaming Multiprocessors)が144 (72*2)となる計算で、CUDAコア数は18,432 (144*128)となる。

単精度浮動小数点数(FP32)演算性能はCUDAコアに比例するため、コアクロック1.8 GHzのGA102が38.7 TFLOPSであることから、AD102は同クロック時に1.71倍の66.4 TFLOPSに達する。ゲームで活用するのが大変そう。

GPULovelace AD102Ampere GA102Turing TU102
製造プロセス5nm Samsung(?)8nm Samsung12nm TSMC
GPC 12(?)76
TPC 72(?)4236
SMs 144(?)8472
CUDAコア 18,432(?)10,7524,608
FP32演算性能(@ 1.8 GHz) 66.4 TFLOPS(?)38.7 TFLOPS16.6 TFLOPS
メモリーバス幅 384-bit(?)384-bit384-bit
VRAMGDDR6X(?)GDDR6XGDDR6
投入時期2021 – 2022(?)20202018

CUDAコアがGA102 GPUから+71.4%も増えているにも関わらず、Hopperから採用されると言われている複数コアを1チップに実装するMCM (Multi-Chip Module)ではなく、Lovelaceではこれまでと同じくモノリシックなアーキテクチャとなる見込みで、膨大な数のトランジスタを1ダイに詰め込んだGPUになりそう。

なお、製造はSamsungの5 nmプロセス(5LPE?)になるとのこと。GA102で採用されているSamsungの8 nmノード(8LPP)のトランジスタ密度は最大61.18 MTr/mm2と推定されており、5LPEでは126.89 MTr/mm2まで密度が向上しているため、理論上はGA102と同サイズでAD102が作れることになるが、歩留まりが心配になる……

コメント

タイトルとURLをコピーしました